薬液注射

    飛んでいたら要注意

    世の中には、人間にとってたいへん危険な生...

    Readmore
    微笑む看護師

    素人が行ってはいけない

     たとえ一匹だけでも刺されると生命の危険...

    Readmore
    四本の注射器

    様々なアレルギー反応

    スズメバチは本来、山や森に巣を作るのです...

    Readmore
薬液注射

世の中には、人間にとってたいへん危険な生き物がいます。
それはどこにでもいるもので、いくら人間が防ごうと思ってもなかなか防げないこともあるのです。
そのような生き物がいる場所に近づかないことが大切なのですが、あちらからしむけてくるものもいます。
そのような生き物は、スズメバチがあげられます。
スズメバチと聞いただけで、しりごみする人も多いものです。
たしかにスズメバチは、たいへん危険でありますので十分気を付ける必要があります。

スズメバチに刺された人が、どうなったという話はよく聞くものです。
スズメバチに刺されて、病院へ行ったとか最悪の場合スズメバチに刺されて亡くなったらしいなども耳にします。
特に体の弱い子供やお年寄りの方は、注意しなければなりません。
体の免疫力が弱いため、スズメバチの毒を防御する力が弱いからです。
自宅のまわりを、飛んでいたら要注意です。
それを放っておけば、たいへんなことになります。
いずれ巣をつくるようになり、それはとても大きなものへと変化していきます。
そんなことになりでもしたら、もう素人には手に負えないような状態になります。
そんな状態になる前に、専門の業者に駆除を依頼することが必要なのです。
駆除をしてくれる業者に依頼をする場合、どのような状態なのかを説明して業者に駆除に来てもらいます。
業者に駆除を依頼する時に、詳しく状態を説明しておかないと駆除業者も防御体勢をととのえて来なければならないからです。
駆除業者も同じ人間ですから、刺されたりでもしたらたいへんですので駆除業者が来るときには完全防御の格好できます。

駆除の方法は、まず巣があるかどうかを確認してからどうするかを決めます。
すでに巣を作っている場合は、巣をとる作業をしなければなりません。
そうなるとそこからはプロの腕のみせどころで、うまくきれいに根こそぎ巣をとってしまいます。
巣をとってしまえば、もう安心です。
気になるのは、まだあとからスズメバチが来ないかということですが後日様子をみてもらうと安心です。

四本の注射器

スズメバチは本来、山や森に巣を作るのですが、年々住宅街やゴルフ場などにも巣を作るようになり、毎年10人以上の方が亡くなっています。
日本には数種類生息していますが、そのほとんどが大変攻撃性の高い危険な蜂です。

スズメバチは、6月から10月頃まで見かけますが、最も危険なのは8月から9月頃です。
子育ての真っ最中なのでとてもぴりぴりしていて、攻撃性が非常に高い時期です。
スズメバチのサイズは、黒スズメバチなどでは1cmと小さいものもいますが、ほとんどが4cm以上と大きく、見た目もいかにもって感じで怖いです。
巣の大きさは、バスケットボールくらいとかなり大きいです。
スズメバチは人目に付き難い場所に巣を作るので、気付いた時にはかなり大きくなっている事も珍しくありません。
作る場所は、倉庫の中や軒下が多いですが、屋根の隙間から進入して屋根裏に作る事もあります。
いずれにしても、大変危険な蜂なので、巣を見つけた場合はもちろんですが、巣が見えなくても蜂が頻繁に出入りしている所があれば、専門の業者に見てもらって、早急に駆除してもらってください。

スズメバチは素人が駆除できるような蜂ではないので、絶対に自分で駆除しようとしない事です。
そんな事をしたら、巣から出てきた大量のスズメバチに刺されてしまいます。
刺されて最も怖いのはアナフィラキシーショックにより死に至る事です。
アナフィラキーショックとは、食べ物や蜂に刺される事で、体内へ侵入した異物が免疫の仕組みにより、様々なアレルギー反応を引き起こす状態の事です。
蜂によるアナフィラキシーショックは、刺されると数分から10分程で局所的に腫れたり、重症の場合は呼吸困難や意識障害などが起こり、最悪の場合、死に至ります。
ですので、必ず専門業者に駆除をお願いしましょう。
24時間365日、いつでも来てくれる業者もあります。
駆除業者がよく分からない場合は、市役所で聞くと紹介してもえます。
駆除の金額は業者や巣のサイズ、曜日や時間によっても異なりますが、安いと1万円くらいの業者もあります。
高くても3万円くらい見ておけば大丈夫でしょう。
一般的には薬剤を巣に噴射し、巣を切り落としてくれます。
業者に依頼する際は駆除の方法やアフターフォローもよく確認しましょう。
また、市によっては駆除費用の一部を助成する制度もあるので是非活用しましょう。
5千円前後戻ってくることが多いようです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031